AX 子育て支援情報館~しゃぼんだま倶楽部~ 2007年09月
FC2ブログ
2007.09.29 (Sat)

9月29日(土)の教室の様子 

今日は、ちょっと横長の紙を使っての、
クレヨンでの挑戦。

センセイ曰く、絵の具でも、クレヨンでも、
ノリのよい紙だとか。

空、宇宙、野菜、お母さんの4つの一見全然関係のないものを
絵の中に書き込んでゆくという、画題が与えられました。

参加した保護者の方も、
久しぶりにクレヨンを手にとって、

画題に挑戦。
子供達もお母さん参加して嬉しそうです。

ときどき、お母様も参加して、
お母様自身も楽しむとよいかもしれませんね。

スポンサーサイト



タグ : 絵画教室 お絵かき 京都 絵描き 下京区 ひとまち交流館 お母さん 参加

EDIT |  12:12 |  絵画教室の様子~先生&スタッフより  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.28 (Fri)

わくわくお絵かき教室 開催のお知らせ 9月29日(土)  

わくわくお絵かき教室
     
~こどもたちは芸術の天才~開催のお知らせ



☆講師  
      芸術大学卒業した方、芸術大学在籍中のお姉さん、お兄さん、
      グラフィックデザインのお仕事をしている人、
      服飾デザインを勉強した方、中学の美術の先生をしていた方等
      多様な方を講師陣にお迎し、交代で担当していただきます。
      学校の教室では習わないお話も聞け、経験もできるかも。


☆日 時   9月29日(土) 9:30~11:30
☆場 所   ひとまち交流館 京都3階 第3会議室  
       バス 市バス17,205号系統「河原町正面」下車
電車 京阪電車「五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分
立体駐車場 最初の1時間400円、以後30分ごとに200円

    アクセス http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

ひと・まち交流館 京都
〒600-8127
京都下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
TEL:075-354-8711  FAX:075-354-8712
       
☆内 容   3つの場所を集めよう! Version Ⅱ-③
         『3つの場所を集めよう!』とは?



☆費 用    500円
☆持ち物   ①今まで描いた「絵」など。
       ②すきな描画材一式
       ③はさみ、のり と雑巾

☆参加対象者    小学生、幼児と保護者
☆主催団体 しゃぼんだま倶楽部
(地域の子供達に豊かな文化活動の提供を考える会)
 場所 ひとまち交流館 京都 

☆ 次回予定  10月6日(土)
   
    9:30~11:30  ひとまち交流館 京都 第2会議室


☆秋第一弾 特別イベント
 10月13日(土)先生と美術館へ行こう!~大山崎山荘美術館

☆申込み・お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
氏名、学年 ・小学校名、幼児の方は年齢、住所、連絡先、何を見て申込みをされたかを記載の上、お申し込み下さい。
申込み締め切り   開催日の3日前

見学、歓迎致します。
当日参加も可能ですが、定員・材料等の準備の関係で、
充分な対応ができない場合がありますので、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

 
☆「みやこ子ども土曜塾」のホームページにも掲載しております。↓
http://www.doyo-juku.com/search.php?idx=2178
夏休みの自由課題対策、音楽関係、語学の講座も検討中。
☆お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
☆ ☆ HPアドレスhttp://shabondamaclub.blog107.fc2.com/ (PC用)
          http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/shabondamaclub/?pnum=0_0(携帯用)

しゃぼんだま倶楽部 事務局  

 この取組は「みやこ子ども土曜塾」登録事業です。
 この事業は、
京都市教育委員会の後援を受けています。


会場の都合により、場所、時間の予定が変更になることがございます。
メールでお問い合わせいただくか、このブログをご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

タグ : 絵画教室 京都 お絵かき 絵描き ひとまち交流館 下京区 東山区 特別講座

EDIT |  11:39 |  お絵描き工作道場・絵画造形黒帯道場開催予定  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.25 (Tue)

9月22日(土)のお絵描教室 

教材A:1尺×2尺半の和紙(白)・和紙ラシャ(ベージュ)・色ケント(紺)・ppシート・銀紙
    ①和紙(白)を半分に切ります。
    ②色ケントと合わせて3つの紙をのりでつないで、1枚にします。
    ③ラシャを加えて、紙の形を広げます。
    ④紙のシルエットが「具体的」な「形」と重なったり、離れたり。
    ⑤全部の紙を渡る「線」から描き始めます。
    ⑥「線」や「色」といった「抽象的」な作業と、「具体的」なイメージが
      出たり引っ込んだりしながら作業を進めます。




kotochan(教材A 2年生)

無意識でしょうか?5体(手・足・身体・頭)が現われたり、消えたりします。また「抽象的」なことにも強い感受性を感じさせます。「色」や「線」にも反応が充分です。素材感も多くの種類を重ねたり飛び越えさせたり、貼り付けたり、エネルギーが衰えません。多いところで「10行程」もありました。大きな画面(身体と同じくらい)なのですが、最後まで自分のやりたいことにチャレンジできています。

eichan(教材A 5歳)
身体より大きな画面です。最初に「煙突」に見立てた白い紙。しばらく見立てが続きます。すばらしい5歳です。ppシートの内側にppシートの小さな破片が少しづつ大事に詰め込まれ、貼り付けられ、画面の下のほうに強い存在感を示します。おねえちゃんにも負けない「力のある画面」ができあがりました。画面上を自在に移動しながら、どの色の画面にもそれぞれの力点があり、身体いっぱい描けました。


200709221128001.jpg

200709221128000.jpg

テーマ : 子供の教育 - ジャンル : 学校・教育

EDIT |  16:52 |  絵画教室の様子~先生&スタッフより  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.25 (Tue)

9月15日(土)のお絵描教室 

9月15日(土)

教材A:1尺×2尺半の和紙(白)・クレヨン・水彩
    ①丸を5つ描いてください。
    ②隣の人と紙を交換してください。そこに丸を3つ描き加えてください。
    ③さらに違う画面と交換して、丸を2つ加えてください。
    ④最初の自分の画面がどうなっているかを確認してください。
    ⑤「何を描いてみたく」なりますか?それを描いてみてください。
    ⑥それはどんな場所ですか?

教材B:画用紙・鉛筆・水彩筆
    ①「パイナップル」を描いてみてください。「パイナップル」実物2つ。


ryuusan(15日の教材A 1年生)
クレヨンでの「丸」は、hiryuusanには「輝く色彩」の「複雑な色合い」の大きく豊かな5つの丸でした。パステルは、色の重なりが柔らかくて「映え方」も独特です。暖色系をうまく重ねながらできました。形の「見立て」よりも形の「色」が面白かったね。

kukichan(15日教材B パイナップル 3年生)
得意の描写です。保育教材に加わることが多かったので、嬉々として始めると思い、こっちも励まさずに抑制ぎみです。「鉛筆で描く~~っ!」と元気良くはじめました。パイナップルのお尻のでこぼこから描き始め、だんだんと葉っぱに近づいてゆきます。調子がいいと単調な反復のなかに「少しづつの表情」を見つけて話しかけるのですが、話し相手がいなかったせいか淡々としています。やっぱり1人じゃないほうがいいかな。

tacchann(教材に参加しませんでした。パイナップルを抱えてイメージ世界へ。1年生)
独自の画面です。描き散らかしの絵を誰かほめちゃったかなあ。あたしも一度「色彩」をほめちゃったからかなあ。「描き散らし」の形がきっかけになって、どんどん描いていきます。色彩の触覚は、色を変え、材料を替え小さく結実します。ほめすぎちゃったかなあ。来週は参加してね。

kotochan(教材A 2年生)
15日。丸がたくさん重なっているところを「公園」に見立ててくれました。樹木が生え、丸が何重にもなっている水溜りができています。樹木の幹にも何重にもなっている丸が見えます。光が差したり、反射したり、水溜りになったりと楽しい絵になりました。

yukarichan(教材A 3年生)
丸は、砂場の砂山になりました。グレーの山に暖色の山が向こう側に幾つもありまして、暖かで和らいだ画面構成です。狭く区切られた砂場が遠く幾つもの砂山で広がりを感じさせる配置と自由な配色をえましたので横長の画面がいきいきしました。

sayakachan(教材A 2年生)
丸は、丸のなかに丸を生み出しました。公園の配置に見立ててくれました。上から眺めた公園の配置と横へと拡がる公園の配置がうまく描けています。強く元気な色で「もの」ひとつひとつがしっかりと得られました。「もの」と「もの」が「もの」のなかにある愉快さがもう少しででてくる感じです。ドンドンでて来い!

nonochan(教材A 3歳)
丸は、画面に横並び!小さな丸も元気だね。大きな丸は真中に!小さな丸は上にもいっぱい。いろんな色が並びました。しっかりした、力のある良い線です。形もしっかしと結んで、一つ一つがはっきり見えます。良い形になりました。

masakichan(教材A 5歳)
丸は、前に行ったことのある、ある日の物語です。「ボク」は、いつも何かをしています。紙のシルエットも形だね。四角い形に丸も仲良く並びます。先生の描いた大きな赤い丸も仲間に入れてくれました。仲良しの多い良い画面になりました。

テーマ : ママのお役立ち情報 - ジャンル : 育児

EDIT |  16:46 |  絵画教室の様子~先生&スタッフより  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.15 (Sat)

わくわくお絵かき教室 開催のお知らせ 9月22日(土)  

わくわくお絵かき教室
     
~こどもたちは芸術の天才~開催のお知らせ



☆講師  
      芸術大学卒業した方、芸術大学在籍中のお姉さん、お兄さん、
      グラフィックデザインのお仕事をしている人、
      服飾デザインを勉強した方、中学の美術の先生をしていた方等
      多様な方を講師陣にお迎し、交代で担当していただきます。
      学校の教室では習わないお話も聞け、経験もできるかも。


☆日 時   9月22日(土) 9:30~11:30
☆場 所   ひとまち交流館 京都 1階 児童室  
       バス 市バス17,205号系統「河原町正面」下車
電車 京阪電車「五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分
立体駐車場 最初の1時間400円、以後30分ごとに200円

    アクセス http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

ひと・まち交流館 京都
〒600-8127
京都下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
TEL:075-354-8711  FAX:075-354-8712
       
☆内 容   3つの場所を集めよう! Version Ⅱ-②
         『3つの場所を集めよう!』とは?


☆費 用    500円
☆持ち物   ①今まで描いた「絵」など。
       ②すきな描画材一式
       ③はさみ、のり と雑巾

☆参加対象者    小学生、幼児と保護者
☆主催団体 しゃぼんだま倶楽部
(地域の子供達に豊かな文化活動の提供を考える会)
 場所 ひとまち交流館 京都 

☆ 次回予定  9月29日(土)
   
    9:30~11:30  ひとまち交流館 京都 第3会議室


☆秋第一弾 特別イベント
 10月13日(土)先生と美術館へ行こう!~大山崎山荘美術館

☆申込み・お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
氏名、学年 ・小学校名、幼児の方は年齢、住所、連絡先、何を見て申込みをされたかを記載の上、お申し込み下さい。
申込み締め切り   開催日の3日前

見学、歓迎致します。
当日参加も可能ですが、定員・材料等の準備の関係で、
充分な対応ができない場合がありますので、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

 
☆「みやこ子ども土曜塾」のホームページにも掲載しております。↓
http://www.doyo-juku.com/search.php?idx=2178
夏休みの自由課題対策、音楽関係、語学の講座も検討中。
☆お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
☆ ☆ HPアドレスhttp://shabondamaclub.blog107.fc2.com/ (PC用)
          http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/shabondamaclub/?pnum=0_0(携帯用)

しゃぼんだま倶楽部 事務局  

 この取組は「みやこ子ども土曜塾」登録事業です。
 この事業は、京都市教育委員会の後援を受けています。


会場の都合により、場所、時間の予定が変更になることがございます。
メールでお問い合わせいただくか、このブログをご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

タグ : 絵画教室 京都 お絵かき 絵描き ひとまち交流館 下京区 特別講座 東山区 大山崎

EDIT |  11:33 |  お絵描き工作道場・絵画造形黒帯道場開催予定  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.14 (Fri)

美人三姉妹ママより 

HP拝見しました。

我が子の絵を見たとき、親として言ってやれるのは
「上手に描けたなぁ。」くらいのものですが、

先生のコメントを拝見して親子共々感激しました。
子どもの描いた絵をじっくり見たり

何かを感じ取ったりなんてこと今までやってこなかった気がします。
親にとっても勉強になりました。

テーマ : お絵描き教室 - ジャンル : 学校・教育

タグ : 絵画教室 お絵かき 京都 絵描き

EDIT |  17:00 |  保護者からの声  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.14 (Fri)

わくわくお絵かき教室 開催のお知らせ 9月15日(土) 

わくわくお絵かき教室
     
~こどもたちは芸術の天才~開催のお知らせ



☆講師  
      芸術大学卒業した方、芸術大学在籍中のお姉さん、お兄さん、
      グラフィックデザインのお仕事をしている人、
      服飾デザインを勉強した方、中学の美術の先生をしていた方等
      多様な方を講師陣にお迎し、交代で担当していただきます。
      学校の教室では習わないお話も聞け、経験もできるかも。


☆日 時   9月15日(土) 9:30~11:30
☆場 所   ひとまち交流館 京都 1階 児童室
       バス 市バス17,205号系統「河原町正面」下車
電車 京阪電車「五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分
立体駐車場 最初の1時間400円、以後30分ごとに200円

    アクセス http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

ひと・まち交流館 京都
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
TEL:075-354-8711  FAX:075-354-8712
       
☆内 容   3つの場所を集めよう! Version Ⅱ-①
         『3つの場所を集めよう!』とは?

※ 夏休みの絵の宿題がせっぱ詰まっている子は
    それを持って来てください。相談にのるよ!


☆費 用    500円
☆持ち物   ①今まで描いた「絵」など。
       ②すきな描画材一式
       ③はさみ、のり

☆参加対象者    小学生、幼児と保護者
☆主催団体 しゃぼんだま倶楽部
(地域の子供達に豊かな文化活動の提供を考える会)
 場所 ひとまち交流館 京都 

☆ 次回予定  9月22日(土)
   
   9:30~11:30  ひとまち交流館 京都 1階 児童室


☆秋第一弾 特別イベント
 10月13日(土)先生と美術館へ行こう!~大山崎山荘美術館

☆申込み・お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
氏名、学年 ・小学校名、幼児の方は年齢、住所、連絡先、何を見て申込みをされたかを記載の上、お申し込み下さい。
申込み締め切り   開催日の3日前

見学、歓迎致します。
当日参加も可能ですが、定員・材料等の準備の関係で、
充分な対応ができない場合がありますので、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

 
☆「みやこ子ども土曜塾」のホームページにも掲載しております。↓
http://www.doyo-juku.com/search.php?idx=2178
夏休みの自由課題対策、音楽関係、語学の講座も検討中。
☆お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
☆ ☆ HPアドレスhttp://shabondamaclub.blog107.fc2.com/ (PC用)
          http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/shabondamaclub/?pnum=0_0(携帯用)

しゃぼんだま倶楽部 事務局  

 この取組は「みやこ子ども土曜塾」登録事業です。
 この事業は、京都市教育委員会の後援を受けています。


会場の都合により、場所、時間の予定が変更になることがございます。
メールでお問い合わせいただくか、このブログをご確認くださいますよう、お願い申し上げます。
EDIT |  11:30 |  お絵描き工作道場・絵画造形黒帯道場開催予定  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.08 (Sat)

9月8日(土)のお絵描教室 

新学期が始まって、初めての教室です。新しい仲間が5人も増えました。小3が2人(男、女)、小1(女)がひとり、幼児が2人(女、女)です。

①唐紙を6等分にします。
②それぞれの紙をひとりづつ持ちます。
③一人目から順番に「一本づつ」線を引いて、「線」をつなげながら順番に紙を並べてゆきます。
④クレヨンで引く線が人数分だけつながりながら、紙の枚数だけ形になってゆきます。
⑤自分の紙を持ち帰り、「何に見えるか」を絵にしてゆきます。山あり、海あり、道路あり、怪獣ありです。
⑥描きあげたら、もう一度もとの位置に戻して並べてみましょう。海から山へ、怪獣の口から不思議の道へというふうに見えますか?


kukichan
今日は、上記教材に参加しませんでした。一人で何度か試みた「花、ひまわり」を完成へと近づけます。黄色く大きなひまわりが全体に強い色彩で表現できました。下にある色が上にくる色で「見え方が変わる」のを教えてくれます。灰色は黄色で「ブルー」に見えました。淡いトーンの色彩も大きく描かれた黄色い花の前で強く主張のある色彩に生まれ変わりました。

ryuusan
久しぶりの色彩、描くに復帰です。どっちでもいいけど、まずは参加しておくといった態度。まっすぐに横に引いた線は「道路」に見えました。黄色と黄緑でユニークな車が走ります。道路の下の「土の色」を無数にパレットでつくりました。パレットでつくると落ち着いてしまいますが、混色の面白さは相変わらずです。途中で終わったという意識に次へのステップを垣間見ます。

shoukun
紙を切りました。切りにくい和紙ですので「刃」と「紙の繊維」はその都度の力関係があります。一度に切らずにもう一度やってみましょう。

yukarichan
クレヨンとプラシで深い面白い色を出すことができました。粘り強いストロークが持続しますので画面全体に統一感が生まれます。深い空と深い森になりました。軽快に走る2台の車は楽しいことがいっぱいあるように見えます。いったいどこへ向かって走っているのでしょう。にぎやかな楽しい声が聞こえてきそうです。

sayakachan
怪獣は画面いっぱいに大きな口を空けて、ぎざぎざの牙をこちらへ向けています。青くたった毛も凄みがあります。おおきくカーブした線にこちらを向いた大きな顔を見ました。迫ってくる顔は「怖い」というよりも「やさしい」怪獣にみえます。しかし、それは迫力をそぐものではありません。どんどんこちらへとやってくるやさしい怪獣は私たちを飲み込んでしまいそうです。

tacchan
今日は、独自体制をいちはやく整えて、自分の絵をどんどん描いてゆきました。教材へと誘うと「やだ」の一声とともにお尻を向けて自分の絵から離れません。その甲斐もあって構造の複雑な絵になりました。線描の重なり合う、形、経過、複合。もの同士の関係ではない描線が続きます。色を使わないなと思っていると一部「黒」「赤」「黄色」で触覚的な描出に集中しています。芸術的にはいい色ですが、全体に広がり、まとまりや文節を生み出さない。来週は大きな色彩的な触覚を描いてみてね。

keiseikun
初めての教室です。すぐに仲間になりました。ややtacchanに牽引される形で「複雑」な画面を作ります。半分以上をtacchanと2人でつなげた絵として描きました。2人はアニメーションの登場者や設定を共有できますので言語は確かなようですが、こちらには何だかわかりにくいです。3本の長く遠い道は合わさり延々と続いているそうです。さて来週は何を描いてくれるでしょうか。



※父兄のみなさんのなかには「アニメーション」や「ゲームソフト」、「イラスト」や「不動産チラシ」の強烈なイメージが子どもの感覚に「なにやら影」を落としているように感じられる向きもあると思います。「不動産チラシ」の間取り図をある精度をもって繰り返し描く子どもや、アニメーションの触覚的色彩を強烈に再現する子ども、戦いの場面を勢い良く繰り返し描く子どももあります。

※長く保育者として経験のある指導者には、それらは長い成長のプロセスとして映るそうです。わたしたちもあまり気にする必要はないようです。

※わたしたちの児童画研究では、「新しく現れた見慣れない表現」として分類や評価を試みました。体系的構築としてではなく、現場の位置付けを確認してゆく作業としてありましたが、全体に成長過程や課題との関係、保育全体との関係での解釈となりますので、「画面」から規定することは避けてあります。

※教室のみんなで同じ体験をする過程のなかで現れてくる表現です。なにやら表現的な展開も豊かに広がろうとしますし、また次に違う表現も現れますので全体の表現のなかで位置付けてゆきましょう。

タグ : 絵画教室 お絵かき 京都 絵描き ひとまち交流館 下京区 特別講座 東山区

EDIT |  09:00 |  絵画教室の様子~先生&スタッフより  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.08 (Sat)

わくわくお絵かき教室 開催のお知らせ 9月8日(土)  

わくわくお絵かき教室
     
~こどもたちは芸術の天才~開催のお知らせ



☆講師  
      芸術大学卒業した方、芸術大学在籍中のお姉さん、お兄さん、
      グラフィックデザインのお仕事をしている人、
      服飾デザインを勉強した方、中学の美術の先生をしていた方等
      多様な方を講師陣にお迎し、交代で担当していただきます。
      学校の教室では習わないお話も聞け、経験もできるかも。


☆日 時   9月8日(土) 9:30~11:30
☆場 所   ひとまち交流館 京都 1階 児童室
       バス 市バス17,205号系統「河原町正面」下車
電車 京阪電車「五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分
立体駐車場 最初の1時間400円、以後30分ごとに200円

    アクセス http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

ひと・まち交流館 京都
〒600-8127
京都下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1 (河原町五条下る東側)
TEL:075-354-8711  FAX:075-354-8712
       

☆内 容   3つの場所を集めよう! Version 2-②
『3つの場所を集めよう!』とは?

☆費 用    500円
☆持ち物   ①今まで描いた「絵」など。
       ②すきな描画材一式
       ③はさみ、のり

☆参加対象者    小学生、幼児と保護者
☆主催団体 しゃぼんだま倶楽部
(地域の子供達に豊かな文化活動の提供を考える会)

☆ 次回予定  
        
   ①9月15日(土)  9:30~11:30
   場所 ひとまち交流館 京都 児童室

☆申込み・お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
氏名、学年 ・小学校名、幼児の方は年齢、住所、連絡先、何を見て申込みをされたかを記載の上、お申し込み下さい。
申込み締め切り   開催日の3日前

見学、歓迎致します。
当日参加も可能ですが、定員・材料等の準備の関係で、
充分な対応ができない場合がありますので、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。
 
☆「みやこ子ども土曜塾」のホームページにも掲載しております。↓
http://www.doyo-juku.com/search.php?idx=2178
夏休みの自由課題対策、音楽関係、語学の講座も検討中。
☆お問合せ   shabondama@club.office.ne.jp
☆ HPアドレスhttp://shabondamaclub.blog107.fc2.com/ (PC用)
    http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/shabondamaclub/?pnum=0_0(携帯用)
しゃぼんだま倶楽部 事務局  

 この取組は「みやこ子ども土曜塾」登録事業です。
 この事業は、京都市教育委員会の後援を受けています。


会場の都合により、場所、時間の予定が変更になることがございます。
メールでお問い合わせいただくか、このブログをご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

タグ : 絵画教室 京都 お絵かき 絵描き ひとまち交流館 下京区 東山区 特別講座

EDIT |  08:15 |  お絵描き工作道場・絵画造形黒帯道場開催予定  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09.01 (Sat)

8月22日~24日の宿題対策特別講座(絵画研究) 

絵画研究

shoukun
学校に出さなければならないポスターの仕上げ。少し画面に夢があるのになかなか絵の具は答えてくれませんね。でも、自分でみつけた面影は消えたりしません。絵の具を使って描いてみたからだね。

ryuusan
描く、作る、に分けると、必ず「作る」にいます。tacchanmamaのくれた粘土はやわらかくて暖かだったね。色を混ぜるとダイナミックに変わっていった。粘土は面白いね。

gaichan
美術館のバザールで買ったミロの絵の研究をしました。リトグラフという版画の技法の名前をおぼえたね。その後の絵にはミロの色彩が遠慮がちに登場してきました。さまざまなモノが画面いっぱいにひろがってとてもよい絵ができました。

sarachan
ルノアールの絵を買いました。モデルになった銀行家の娘さんが普段どうしているのかを描いてみました。家にいたり、外で遊んだり、出かけたりしています。思い切りおいた色の上から、クレヨンの発色が力強くいっぱいに描けました。いばらく家にはっておきましょう。

humiyakun
初めての教室でなれないのに一所懸命に描けていました。とくにおどろいたのは「花火」の色です。赤のとなりに白をクロスさせて、「パッ」と光ったところが鮮やかに表現できています。日本人は昔「赤」を光とみ、「白」を顕とみました。まさにわたしたちの感受性を素直に表現できるよい絵になりました。

maorichan
車から見えた美山の民家がモチーフです。印象は鮮やかでも民家を描くのは至難の技です。なかなかむつかしい課題に負けずに描けました。こちらの入れる思い切った色にもめげずにどんどん自分で絵の具をおくことができました。厚塗りの画面がひろびろとした、のんびりとした景色を思わせます。

kukichan
トンボの絵の仕上げに使いました。下書きのときにひろがった池の周りのさまざまな事件が絵の具とともに強く鮮やかになると思いきや、残念ながら時間切れでした。今度もたくさんの事件を教えてください。

tacchann
初日に「作る」二日目は「描く」にいました。毎回元気に牽引しています。みんなでつくるのが一番楽しいですので何をつくるというよりも、そのプロセスが大切だと思います。作ったものも人一倍大事にかかえて帰ります。また元気に描きましょう。

yuukikun
元気いっぱいです。いつも楽しいことをまっさきに教えてくれようとします。今回は意外な一面に気づきました。席のお引越しをしようとしましたところ、絵の具や筆をひとつづつ大事にかばんに入れまして、いやその丁寧なことといったら。モノのあつかいも、教えると非常にきちんとしたことができますね。またいっしょに描きましょう。

EDIT |  10:19 |  絵画教室の様子~先生&スタッフより  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 

amazon

プロフィール

わくわくお絵描き・工作道場~楽しみながら伸ばす"人間力”」

知ればやれば、伸びる!絵画造形黒帯道場

月別アーカイブ

QRコード

トップセラー

ブロとも申請フォーム

amazon

カテゴリー

google 検索

最近の記事

google

日用雑貨